OBトーク I様

 

 
 
 
ソラシオのガレージハウス
 

  

 
contents
solasioの家づくり
メッセージ
solasioのこだわり
家づくりの流れ
建築施工例
新築施工例
リフォーム施工例
ガレージハウス
ガレージハウス施工例
サーファーズハウス
サーファーズハウス施工例
ペットと暮らす家施工例
只今建築中の家
オーダーメイドアイテム
メディア掲載中コラム
OBトーク
よくある質問
お問い合わせ
メディア掲載
会社案内
スタッフ紹介
会社概要
リンク集
トップページ
 

OBトーク I様

OBトーク!ということですが、書いているうちに私達家族の思い出話ばっかりになってしまいました。
少しでも何かのご参考になれば幸いです。

『ソラシオとの出会い』
ソラシオとの出会いは、妻の友人がきっかけでした。友人宅を妻が訪れたところ、自然素材を使ったおしゃれなご自宅で、壁塗りも自分達でやったらしいよ!と。
そういうことをやらせてくれるとこもあるんだなぁーと、まさか数年後に自分達がやることになるとは思ってもいませんでしたが。
そろそろ自分達の家を建てたいと思っていたころでしたので、その頃から土地探しをしたり、家造りの本を読んだりとしていました。
当時住んでいた家の近所に家が建ち始めたのですが、それが自分と妻の理想とする家に近いシンプルで清潔感のある白いお宅でした。実はそのお宅もソラシオで建てているということを友人から聞き、近所で2件もソラシオの家があったという、そんなソラシオとの出会いでした。

『ソラシオと契約』
私自身がアレルギー体質ということもあり、もともと自然素材の家には興味をもっていました。なにより自然素材特有の温かみのある家に強い憧れがあったのが一番ですが。まずはソラシオのHPを見てみようと思い拝見したところ、メチャクチャカッコいい家ばかり!
しかし、誰しもがそうだと思いますが、予算も限られていましたので、手の届かない家なのかなーと思ったのが最初の正直な感想でした。

まずは話を聞いてみようということで、電話でアポを取りソラシオへ。初めてソラシオに行った時はまだ土地探しを始めたばかりの頃で、こんな家に住みたいといった、具体的なイメージもなく、そもそも新築なのか中古物件のリフォームなのか、そのあたりからの話だったと思います。
良さそうな物件が見つかったらソラシオに連絡し、玉造社長に現場を見てもらう。「こんな感じにできますねー」とか話しているうちに、なんとなく家のイメージができあがってきたのを覚えています。
とにかく新しい情報があれば連絡し、何度も現場に足を運んでいただきました。そんなことを繰り返しているうちに、私と妻のなかではもうソラシオにお願いしようと心に決めていました。

『設計』
土地の契約が終わるといよいよ設計に入ります。
最初の打合せは、とにかく二人のイメージを伝えてください!といったことでした。
私たちの家のテーマとしては、
「白色と無垢材をベースにしたシンプルな家」
「子供が走り回って遊べる開放感のある家」
この2点を中心に、私と妻の意見が一致していること、自分はこうしたい、私はこうしたいといったこと、今思えば無理難題だったかと思いますが、できるできない関係なく思っていることを伝えさせていただきました。
ソラシオにお願いするお宅は、趣味を活かした家が多い中、自分たちはこれといった強いこだわりはなく。そんな私達夫婦のスタンスを理解していただけたのか、社長の提案を受けて私たちの意見を聞くといった感じで打合せを重ねていただきました。
子供二人がまだ小さかったため、子供達を寝かしつけてから夜な夜な夫婦で話し合い。意見が合わずに煮詰まったりもしましたが、こんな家にしたいという話が、こんな家庭にしたい、こんな子供達に成長させたいねと、家族の将来について多く話した時間になった気がします。本当に貴重な時間を過ごすことができました。
最初の設計図ができあがったときの驚きと感動は今でも鮮明に覚えています。夢であった家造りが一気に現実に近づいた瞬間でした。

『施主施工』
施主施工については、家族の状況、時間、予算、性格、、、、やるやらないかの判断材料はその家族によって様々だと思いますが、私は本当に「やって良かった!」と思っています。こんなに頑張ったことはないな!と思えるくらい最後までやり抜きました笑
良かったことはいっぱいありますが、
・オイル塗りや壁塗りをすることにより、家の構造等少し理解でき、ちょっとしたメンテナンスであれば自分でやろうと思えるようになれたこと
・大工さんと一緒に作業をしていると自分も家造りに参加している感覚に。家に対する愛着が半端なく湧いてきます。
・何よりも壁を見た友人たちに褒められること。
まだまだ良いことは書ききれませんが、正直、辛いことも多かったです。最後の1ヶ月間は休みもなく作業したので、ヘトヘトでした。その分、塗り終えた後の感動は忘れられません。

『最後に』
ソラシオとの出会いから一年ちょっと。
社長と家造りについて話している内に、家族の将来像について多く話した気がします。これから何十年と付き合っていく家。そこで成長していく子供達を想像しながら打合せを重ねた日々は、本当に家族にとって素晴らしい時間になりました。
まだ住んで間もないですが、こんなにも多くの感動を味わうことができ、これからこの家で過ごす家族のとの時間が楽しみでしょうがありません。

ソラシオの皆様、素敵な家、素敵な時間をありがとうございました。
この家と共に、家族みんなで成長していきたいと思います。

 

 

 
 
メッセージ新築施工例ガレージハウスガレージハウス施工例サーファーズハウスサーファーズハウス施工例
ペットと暮らす家施工例 | オーダーメイドアイテム | 只今建築中の家 | メディア掲載中コラム | OBトーク
よくある質問 | お問い合わせ | メディア掲載 | スタッフ紹介 | 会社概要 | リンク集 | トップページ