黒くて四角があたらしい

 

 
 
 
ソラシオのガレージハウス
 

  

 
contents
solasioの家づくり
メッセージ
solasioのこだわり
家づくりの流れ
建築施工例
新築施工例
リフォーム施工例
ガレージハウス
ガレージハウス施工例
サーファーズハウス
サーファーズハウス施工例
ペットと暮らす家施工例
只今建築中の家
オーダーメイドアイテム
メディア掲載中コラム
OBトーク
よくある質問
お問い合わせ
メディア掲載
会社案内
スタッフ紹介
会社概要
リンク集
トップページ
 

鎌倉Y邸 黒くて四角があたらしい


 

 Yさんがsolasioとの最初の打ち合わせで出した希望、それは「黒くて四角い、変わった家」
  黒い木の格子で覆われた外観は、まさに、その「黒くて四角い、変わった家」を体現したものになりました。真正面から見ると、本当に四角いただの箱型。入り口がどこにあるかもわからない、そんな不思議な形。表からだとどこにあるかわからない玄関の場所ですが、実は裏にまわるとありました。玄関を入ると、まず目に入ってくるのが長い土間。家から帰って、直接お風呂に入れるようにと海の近くのY邸の生活動線も考えてつくりました。
 長い土間を抜けると明るいリビング。玄関とリビングが近いのは、子供が家に帰ってきたのがすぐにわかるように。親子のコミュニケーションをとりやすくする工夫です。西側の大きくとられた窓から入ってくる、気持ちのよい光、そして、大きくひらけた景色。ここから見える富士山の眺望は、う〜んなんとも贅沢です。天気のよい日は、光を感じ、雨の日は、大きな窓にあたる雨の様子がとても綺麗にうつる、そんな自然を身近に感じることができる空間作りを心掛けました。いつも家族が集まってきて、風が気持ちよくて、明るくて、みんながあたたかな気持ちになれるような、そんなリビングになりました。
 リビングの中につくられたキッチンにも見どころが。キッチンに奥様が立つと、あれっ!?ちょっと背が低くなった?そう、キッチンの作業スペースが、一段低くなっているのです。それは、お子さん達と目線を合わせて会話が出来るように。 こんなところにも、家族のつながりを大切にしたYさんのこだわりが見えてきます。もうひとつ、Y邸のキッチンの自慢は、天板に使ったイチョウの一枚板。コンロからシンク、そして、テーブルまで繋がった一枚板は圧巻の一言です。
 Y邸にはじめて訪れた人はまったく気が付かないかもしれませんが、実はこの家、築30年の家をリフォームしたのです。以前の家の面影は全くありませんが、新築のように使いやすく、家は丈夫に、そしてかっこよく生まれ変わりました。家族のつながりを大切にしたYさんのしあわせリフォームです。

 


施主様からの要望
・黒くて四角くて変わった家
・明るくて光が通るリビング

コンセプト
黒くて四角があたらしい

設計のポイント
・黒く塗装した木の格子を道路から見えるところに貼って、四角い家をデザインしました。
・西側には大きな窓を設け光と風を取り込む工夫をしました。格子が貼ってある道路側の窓からは風がよく抜けるように窓の位置を工夫しました。
・海が近いため、海から帰ってきた時の動線を考えて玄関から直接お風呂に入れるような動線にしました。


 
黒くて四角があたらしい   黒くて四角があたらしい   黒くて四角があたらしい   黒くて四角があたらしい
             
黒くて四角があたらしい   黒くて四角があたらしい   黒くて四角があたらしい   黒くて四角があたらしい
             
黒くて四角があたらしい            
             
リフォーム前            
家族みんなでのびのびと、葉山の自然に囲まれて   家族みんなでのびのびと、葉山の自然に囲まれて   家族みんなでのびのびと、葉山の自然に囲まれて   家族みんなでのびのびと、葉山の自然に囲まれて
 
 

新築施工例

リフォーム施工例

ガレージ施工例

       
   

 

  メッセージ新築施工例ガレージハウスガレージハウス施工例サーファーズハウスサーファーズハウス施工例
ペットと暮らす家施工例 | オーダーメイドアイテム | 只今建築中の家 | メディア掲載中コラム | OBトーク
よくある質問 | お問い合わせ | メディア掲載 | スタッフ紹介 | 会社概要 | リンク集 | トップページ