レトロな昭和フレンチ アパート

 

 
 
 
ソラシオのガレージハウス
 

  

 
contents
solasioの家づくり
メッセージ
solasioのこだわり
家づくりの流れ
建築施工例
新築施工例
リフォーム施工例
ガレージハウス
ガレージハウス施工例
サーファーズハウス
サーファーズハウス施工例
ペットと暮らす家施工例
只今建築中の家
オーダーメイドアイテム
メディア掲載中コラム
OBトーク
よくある質問
お問い合わせ
メディア掲載
会社案内
スタッフ紹介
会社概要
リンク集
トップページ
 

藤沢O邸 レトロな昭和フレンチ アパート


 

 O邸のコンセプトは、「新築なのにどこか懐かしいレトロな雰囲気の家」
ちょっぴりジャンクな香りのするフレンチカントリー家具や昭和レトロなインテリアが好きなOさんの嗜好に合わせて、外観や内装をデザインしました。
 まずは、玄関ドア。既製品で気に入ったものが見つけられないということで作成したオリジナルデザインのドア。古くなっても味が出るようなデザインになっているので、これから風合いが増していくのが楽しみです。
 家の中に入ると内装は全体的に明るい色味で仕上げられています。床には無垢のパイン材。それを白っぽい色の自然塗料で塗装しています。壁には白い珪藻土が塗られ、一部は白くペイントした木の板が張られています。これら、床の自然塗料や壁の珪藻土は、ちょっと粗く仕上げることで、使い込んだような味をうまく出すことが出来ました。
 個室への扉は、戦後使われていた古い建具を白くペイントして取り付けたもの。古い味のある日本のガラス戸は、白くすることによって、和と洋が交じり合った、昭和モダンな香りを醸し出しています。
 そんな、レトロな雰囲気のこの家、実は、賃貸併用住宅になっているのです。Oさん宅は1階。2階はワンルームのアパートになっています。1階同様、2階も床にパインの無垢材を使ったり、建具にも明るい色味のものをセレクトしたりと全体のイメージを統一しました。無駄がなくて使いやすい間取りも入居者のことを考えた結果です。
 外観も白一色。モルタルのちょっとモコモコした素材感を生かしてナチュラルなイメージに。ちょっとレトロで、昭和フレンチなアパートになりました。
 


施主様からの要望
・新築なのにレトロな雰囲気。
・風通しの良い家にしたい

コンセプト
レトロな昭和フレンチ アパート

設計のポイント
・建具に古い建具を使ったり、Oさん自ら珪藻土をコテ跡がつくように塗ったり、外灯に昭和レトロな外灯を使用したりと、新築でも懐かしい雰囲気が出るような工夫を様々しました。
・北側に窓を設け、南から北に抜ける風の通り道を作りました。
・アパートの部屋には、賃貸ではめずらしい無垢の床材を使用。引き戸や収納の建具なども木の質感を生かした、シンプルなものを使い、「シンプル&ナチュラル」をコンセプトに部屋作りをしています。


 
レトロな昭和フレンチ アパート   レトロな昭和フレンチ アパート   レトロな昭和フレンチ アパート   レトロな昭和フレンチ アパート
             
レトロな昭和フレンチ アパート   レトロな昭和フレンチ アパート   レトロな昭和フレンチ アパート   レトロな昭和フレンチ アパート
 
 

新築施工例

リフォーム施工例

ガレージ施工例

       
   

 

  メッセージ新築施工例ガレージハウスガレージハウス施工例サーファーズハウスサーファーズハウス施工例
ペットと暮らす家施工例 | オーダーメイドアイテム | 只今建築中の家 | メディア掲載中コラム | OBトーク
よくある質問 | お問い合わせ | メディア掲載 | スタッフ紹介 | 会社概要 | リンク集 | トップページ