江の島の狭小地〜広さと眺望を手に入れた家

 

 
 
 
ソラシオのガレージハウス
 

  

 
contents
solasioの家づくり
メッセージ
solasioのこだわり
家づくりの流れ
建築施工例
新築施工例
リフォーム施工例
ガレージハウス
ガレージハウス施工例
サーファーズハウス
サーファーズハウス施工例
ペットと暮らす家施工例
只今建築中の家
オーダーメイドアイテム
メディア掲載中コラム
OBトーク
よくある質問
お問い合わせ
メディア掲載
会社案内
スタッフ紹介
会社概要
リンク集
トップページ
 

藤沢N邸 江の島の狭小地〜広さと眺望を手に入れた家


 
N様邸は江の島の高台。階段をてくてく登ったところにある狭い土地に建つ一軒家。
N様邸の設計にあたっては、その狭さを如何に感じさせないように「広く住む」か、それが一 番のポイントになりました。
広く効率よく住む。この家には所々にその工夫が見られます。
それでは、家に入ってその工夫のポイントをひとつひとつ見てみましょう。
玄関を入ると、いきなり空間が広がります。なんの仕切りもつけていないのは、空間を有効かつ広く使ってもらうため。そこは子供部屋として使っています。壁を白い珪藻土にした事も圧迫感を与えない工夫です。
2階に登ると、リビング。リビングも仕切りを作らずにひとつの空間になっています。それ以外にも、この部屋を広く見 せているポイントは、いくつかあります。
ひとつは造作キッチンの配置。最初はカウンターキッチンを希望していた奥様ですが、シュミレーションをしてみるとどうしても広さが犠牲になる事が判明。そのためキッチンは壁付けにしました。仕切りがない分、家族のコミュニケーションもとりやすくなりました。「以前よりも仲がよくなったみたい!」と、奥様の笑顔がはじけます。
そして、ポイントその2は、梁を現しにして高さをかせいだリビングの天井。空間を無駄にしないためにロフトを設け、その分、天井も高くなりました。ロフトによって収納が増え、圧迫感が消えて広々とした空間ができました。
そして、江の島の高台というロケーションを活かした最大のポイント。
それは景観を家に取り込んだこと。
リビングと繋がるバルコニーからは、相模湾の海を見下ろせ、三浦半島に繋がる地形のジオラマが雄大に広がっています。
一番よく見える位置にバルコニーを取り付け、昼夜問わず満喫できるこの絶景。
気分も爽快です。
創意と工夫で「狭さ」を克服し、そしてロケーションを活かして雄大な景観を家に取り入れたこと、それらが「広く住む」ということを実現してくれました。


施主様からの要望
・広く効率的に住める家

コンセプト
江の島島内の狭小地。狭くても広く感じる家。

設計のポイント
・部屋の仕切りをなくして広い空間をつくりました。
・濃い色を使わず、淡い色を使って空間を広く感じさせる工夫をしました。
・リビングからの景色を生かした設計をしました。


 
ジャンクスタイルのナチュラルな家   ジャンクスタイルのナチュラルな家   ジャンクスタイルのナチュラルな家   ジャンクスタイルのナチュラルな家
             
ジャンクスタイルのナチュラルな家   ジャンクスタイルのナチュラルな家   ジャンクスタイルのナチュラルな家   ジャンクスタイルのナチュラルな家
             
ジャンクスタイルのナチュラルな家            
 
 

新築施工例

リフォーム施工例

ガレージ施工例

       
   

 

  メッセージ新築施工例ガレージハウスガレージハウス施工例サーファーズハウスサーファーズハウス施工例
ペットと暮らす家施工例 | オーダーメイドアイテム | 只今建築中の家 | メディア掲載中コラム | OBトーク
よくある質問 | お問い合わせ | メディア掲載 | スタッフ紹介 | 会社概要 | リンク集 | トップページ