藤沢市YO邸 武骨なアメリカンヴィンテージハウス

 

 
 
 
ソラシオのガレージハウス
 

  

 
contents
solasioの家づくり
メッセージ
solasioのこだわり
家づくりの流れ
建築施工例
新築施工例
リフォーム施工例
ガレージハウス
ガレージハウス施工例
サーファーズハウス
サーファーズハウス施工例
ペットと暮らす家施工例
只今建築中の家
オーダーメイドアイテム
メディア掲載中コラム
OBトーク
よくある質問
お問い合わせ
メディア掲載
会社案内
スタッフ紹介
会社概要
リンク集
トップページ
 

藤沢市O邸 武骨なアメリカンヴィンテージハウス

  • 武骨なアメリカンヴィンテージハウス
  • 武骨なアメリカンヴィンテージハウス
  • 武骨なアメリカンヴィンテージハウス
  • 武骨なアメリカンヴィンテージハウス
  • 武骨なアメリカンヴィンテージハウス
  • 武骨なアメリカンヴィンテージハウス
  • 武骨なアメリカンヴィンテージハウス
  • 武骨なアメリカンヴィンテージハウス
  • 武骨なアメリカンヴィンテージハウス
  • 武骨なアメリカンヴィンテージハウス
  • 武骨なアメリカンヴィンテージハウス
  • 武骨なアメリカンヴィンテージハウス

アメリカの古い西海岸のサーフカルチャーが好きなOさん。家づくりの基本コンセプトは、「ヴィンテージアメリカン」
白くて爽やかな湘南らしい家ではなく、ちょっと武骨で男らしい外観にしたのもそんなアメリカンなイメージから。建物の外壁は濃いグレーにペイント、そして玄関扉にはビンテージバイクを家の中にしまえるように、重厚感のある観音開きの木の扉を選びました。
グレーの外壁と相性ピッタリなのが、南側のウッドデッキ。フェンス部分の木は、凹凸がランダムになるように貼り、デザインに変化をもたせています。
玄関扉を開けると、そこはサーフボードなど趣味のアイテムが詰まった土間空間。壁や床はモルタルに墨を入れて塗ってあるのでグレー色、なんだかちょっと洞窟の中みたい。この土間空間は、収納や趣味の道具のメンテナンスをする場所としての機能だけでなく、Oさん曰くみんなとワイワイお酒を飲むスペースとしても最高なんだそう。う〜ん、確かに納得。秘密基地のようなこの場所で、趣味の話に花を咲かせたら、時間を忘れてしまいそう。
土間の脇の階段を登って2階に上がれば、そこに広がるのはとても明るいLDK。南側の大きな窓からはたくさんの光が差し込んで、1階の土間が隠れ家の様だった分、そのコントラストが効いていて更に開放感を感じることができます。明るさと併せてこの部屋のポイントは新築なのにヴィンテージ感がある事。床材に使ったのは、屋久島地杉のフローリング。屋久島以外でフローリング材として使うのは初というこの素材。自然塗料を塗って、昔の学校の校舎みたいに、使い込んだ質感を生み出しました。天井にもツガの板を張って、そこはご自身でペイント。ラフな感じの塗り方が味わいを増す効果を出しています。
LDKと空間を同一にするキッチンも、リビングの雰囲気と合うように、一つ一つこだわってアイテムをセレクト。シンクや作業台は業務用のタニコーのキッチンをフルオーダーで作りました。業務用の質実剛健で武骨なデザインがこの家の雰囲気とよく合っています。コンロの後ろは耐火のタイル、照明があたると凹凸の影が浮き出て、何とも言えないいい雰囲気。料理するのも楽しくなりそうです。
実はこのタイル、1階の洗面所にも同じものが使われていて、目地を黒くし、キッチンとはまた違ったデザインになっています。
オープンで開放的なOさんご夫妻の人柄が現れた、たくさんの人が集まるアメリカンヴィンテージな家になりました。


施主様からの要望
・アメリカの西海岸ライフをイメージさせる家
・明るさを生かした家

コンセプト
・武骨なアメリカンヴィンテージハウス

設計のポイント
・床や天井の仕上げなど、ヴィンテージ感あふれる新築なのに味が出た仕上がりにしました。
・リビングは南側の窓を広く取り、1階のクローズドな雰囲気とのコントラストを作り出し、2階に上がった時に開放感を感じられるような工夫をしました。


 
 

新築施工例

リフォーム施工例

ガレージ施工例

       
   

 

  メッセージ新築施工例ガレージハウスガレージハウス施工例サーファーズハウスサーファーズハウス施工例
ペットと暮らす家施工例 | オーダーメイドアイテム | 只今建築中の家 | メディア掲載中コラム | OBトーク
よくある質問 | お問い合わせ | メディア掲載 | スタッフ紹介 | 会社概要 | リンク集 | トップページ